コンテンツへスキップ →

The Boy Next Doorの歌詞と和訳

ジュディ・ガーランドが歌う”ボーイ・ネクスト・ドア”の歌詞を和訳します。

1944年公開された映画「若草の頃」の劇中歌です。
ジュディ・ガーランドといえば”虹の彼方に“が有名ですが、この曲も切ない感じがいいですね。

Judy Garland “The Boy Next Door”

劇中の映像です。

歌詞はコチラから。以下に日本語訳を載せています。

“The Boy Next Door” lyrics

The moment I saw him smile
I knew he was just my style
My only regret
Is we’ve never met
Though I dream of him all the while
彼の笑顔を見た瞬間
まさに私にピッタリだと分かったの
唯一の後悔は
そんな彼には出会ったことがないってこと
ずっと夢見ているわ

But he doesn’t know I exist
No matter how I may persist
So it’s clear to see
There’s no hope for me
Though I live at fifty-one thirty-five Kensington Avenue
And he lives at fifty-one thirty-three
けど、彼は私の存在なんて知らない
どれだけ、頑張ったところで
それは明らか
望みなんてない
私の住所はKensington Avenue 51-35
彼は51-33で暮らしている

How can I ignore
The boy next door
I love him more than I can say
Doesn’t try to please me
Doesn’t even tease me
And he never sees me glance his way
どうすれば知らないふりをできるだろう
お隣の彼を
好きっていう言葉以上に彼が好き
ぬか喜びさせないで
からかわないで
彼は私の方を見ることもないから

And though I’m heart-sore
The boy next door
Affection for me won’t display
I just adore him
So I can’t ignore him
The boy next door
心が痛むわ
お隣の彼の
愛情が私に灯ることはない
彼のことは大好きだから
知らないふりなんてできやしない
お隣の彼を

I just adore him
So I can’t ignore him
The boy next door
彼のことは大好きだから
知らないふりなんてできやしない
お隣の彼を

アルバム「The Complete Decca Masters (Plus)」を紹介。


カテゴリー: 1940年代

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。