コンテンツへスキップ →

Dianaの歌詞と和訳

ポール・アンカが歌う”ダイアナ”の歌詞を和訳します。

1957年、Paul Anka自身によって書かれたこの曲は、同年5月ニューヨークのDon Costaスタジオでレコーディングされました。
高校の友人であったDiana Ayoubに影響されて書いた曲だとされていますが、2005年のインタビューでは教会で出会った女性にインスパイアされたと答えています。

大ヒットしたこの曲はビルボードのBest Sellers In Storesでも1位を獲得。実に900万枚を売り上げたとされます。またUKのシングルチャートでも1位を獲得しイギリスでも125万枚をセールスしました。

Paul Anka “Diana”

上の動画はThe Ed Sullivan Showの映像です。解説によれば放送は1957年11月3日です。
Paul Ankaの生まれ年が1941年7月30日ですから、若干16歳ということになります。実に堂々とした歌いっぷりではないでしょうか。

歌詞はコチラから。以下に日本語訳を載せています。

“Diana” lyrics

[Verse 1]
I’m so young and you’re so old
This, my darling, I’ve been told
I don’t care just what they say
‘Cause forever I will pray
You and I will be as free
As the birds up in the trees
僕は若くて、君は年上
ねえダーリン、そんな風に言われているよ
みんなの言うことは気にしない
ずっと、祈っているんだ
僕たちが自由になれるように
樹々を飛び回る鳥のように

[Hook]
Oh, please stay by me, Diana
僕のそばにいてよ、ダイアナ

[Verse 2]
Thrills I get when you hold me close
Oh, my darling, you’re the most
I love you but do you love me?
Oh, Diana, can’t you see?
I love you with all my heart
And I hope we will never part
君に抱きしめられるとゾクゾクするよ
ねえダーリン、最高だよ
僕は愛しているけど、君はどうなの?
ねえダイアナ、分かってくれる?
こんなにも愛しているのに
もう離れたくないよ

[Hook]
Oh, please stay with me, Diana
僕のそばにいてよ、ダイアナ

[Bridge]
Oh, my darlin’, oh, my lover
Tell me that there is no other
I love you with my heart
Oh-oh, oh-oh, oh-oh-oh-oh-oh-oh-oh
ねえダーリン、愛しい人よ
他に好きな人はいないと言って
心から好きだよ
Oh-oh, oh-oh, oh-oh-oh-oh-oh-oh-oh

[Verse 3]
Only you can-a take my heart
Only you can-a tear it apart
When you hold me in your loving arms
I can feel you givin’ all your charms
Hold me, darling, hold me tight
Squeeze me baby with all your might
僕のハートを奪えるのは君だけ
僕のハートを引き裂けるのも
君に抱きしめられると
その魅力にメロメロになるよ
抱きしめてよ、ダーリン、強く抱きしめて
きつく、ギュッと抱きしめてよ

[Hook]
Oh, please stay with me, Diana
僕のそばにいてよ、ダイアナ

[Outro]
Oh, please, Diana
Oh, please, Diana
Oh, please, Diana
ああ、
どうか、
お願いだよ、ダイアナ


カテゴリー: 1950年代

1件のコメント

  1. […] タイトルにしてラブソングを歌うとは、これぞアメリカという感じがします。 曲の雰囲気は"Diana"に似ている気はしていましたが、Neil Sedaka自身が当時のヒットチャートを研究して"Oh Carol" […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。