コンテンツへスキップ →

Lipstick On Your Collarの歌詞を和訳します

コニー・フランシスが歌う”カラーに口紅”の歌詞を和訳します。

1959年6月にリリースされたこの曲は、作詞Edna Lewis、作曲George Goehring。
コニー・フランシスが歌いBillboard、最高5位。

浮気性の彼氏に振り回される女の子の歌です。プロムだかダンスパーティーだかに来た二人。歌詞終わりには衝撃の事実が明らかになります。

Connie Francis “Lipstick On Your Collar”

1959年6月14日に放送された、The Ed Sullivan Showの映像です。
こちらはレコード音源ではなく、口パクではありませんね。動画で見るコニー・フランシスは初めてですが、意外とふっくらした感じの雰囲気なんですね。

歌詞はコチラから。以下に日本語訳を載せています。

“Lipstick On Your Collar” lyrics

When you left me all alone
At the record hop
Told me you were going out
For a soda pop
You were gone for quite awhile
Half an hour or more
You came back
And man, oh man
This is what I saw
あなたが私を置き去りにした
ダンスパーティで
ちょっと出てくるって
ソーダを買いに
ずいぶんと長い間
30分以上も
あなたは戻ってきたけど
なんて人なの…
私見たんだから

Chorus
Lipstick on your collar
Told a tale on you
Lipstick on your collar
Said you were untrue
Bet your bottom dollar
You and I are through
Cause lipstick on your collar
Told a tale on you, yeah
あなたの襟に付いた口紅が
すべてを教えてくれたわ
あなたの襟に付いた口紅が
あなたは嘘つきだって
賭けてもいいわ
これでおしまいよ
襟に付いた口紅が答えよ
お分かりかしら

[Instrumental Interlude]

You said it belonged to me
Made me stop and think
And then I noticed yours was red
Mine was baby pink
Who walked in but Mary Jane
Lipstick all a mess
Were you smoochin’ my best friend?
Guess the answer’s yes
これは私の口紅だって言ったから
考えてしまったけど
赤い口紅だって気づいたの
私のはベイビーピンクだから
メリージェーンを履いた娘がやって来て
その娘の口紅で気づいたわ
あなたは私の友人とキスしたのね

Repeat Chorus

Cause lipstick on your collar
Told a tale on you, boy
Told a tale on you, man
Told a tale on you, yeah
襟に付いた口紅が答えよ
すべてを教えてくれたわ
すべてを教えてくれたわ
すべて教えてくれたの

2005年リリースの「Gold」をご紹介。二枚組のベスト盤です。


カテゴリー: 1950年代

2件のコメント

  1. […] 先日、紹介した"Lipstick On Your Collar"はキツイ歌詞でしたが、こちらもなかなか衝撃的な内容。フラれる女性というのは歌詞にしやすく、失恋ソングは共感を呼びやすいのでしょうか? […]

  2. […] 年リリース。印象的な声質ですね。 作者はJohn Schroederと、Mike Hawker。 片思い中の女性を歌っています。”Lipstick On Your Collar“とは違って少し弱気な雰囲気の女性のイメージですね。 […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。