コンテンツへスキップ →

Pretendの歌詞と和訳

ナット・キング・コールが歌う”プリテンド”の歌詞を和訳します。

1953年リリース。作者はDan Belloc、Lew Douglas、Cliff Paraman、Frank Levere。
ナット・キング・コールをはじめ、様々なアーティストに歌われています。

タイトルのpretendは、ふりをする、まねをする、〜しようとする、という意味。
Nat King Cole “Pretend”

いつの映像でしょうか?どことなくThe Ed Sullivan ShowやSaturday Night Beech-Nut Showのような雰囲気ですが、ただ単に白黒だからそう感じるのかもしれません。

歌詞はコチラから。以下に日本語訳を載せています。

“Pretend” lyrics

[Verse]
Pretend you’re happy when you’re blue
It isn’t very hard to do
And you’ll find happiness without an end
Whenever you pretend
辛いときは、楽しいふりをするといい
そんなに難しくはない
やがて終わらない幸せが訪れるはずさ
楽しいふりをしていれば

Remember, anyone can dream
And nothing’s as bad as it may seem
The little things you haven’t got
Could be a lot if you pretend
覚えておくといい、誰だって夢見て構わないんだ
決して悪いことじゃないだろう
あなたに足りないことも
楽しいふりをしていれば、手に入るさ

[Bridge]
You’ll find a love you can share
One you can call all your own
Just close your eyes, she’ll be there
You’ll never be alone
互いに与え合う愛を見つけよう
自分のものだと言えるような愛を
目を閉じれば、彼女はそこにいる
決して一人なんかじゃない

[Verse 2]
And if you sing this melody
You’ll be pretending, just like me
The world is mine, it can be yours, my friend
So why don’t you pretend?
このメロディを口ずさめば
あなたもできるさ、僕と同じように
世界は僕のものだし、あなたのものでもある
さぁ、あなたも楽しいふりをしてみない?

[Instrumental Break]

[Outro]
And if you sing this melody
You’ll be pretending just like me
The world is mine, it can be yours, my friend
So why don’t you pretend?
このメロディを口ずさめば
あなたもできるさ、僕と同じように
世界は僕のものだし、あなたのものでもある
さぁ、あなたも楽しいふりをしてみない?

アルバム「Ultimate Nat King Cole」を紹介します。


カテゴリー: 1950年代

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。