コンテンツへスキップ →

Hitchin’ a Rideの歌詞と和訳

ヴァニティ・フェアが歌う”夜明けのヒッチハイク”の歌詞を和訳します。

1969年リリース。当ブログでは年代別にカテゴリ分けしているのですが、この曲はイギリスでのリリースが1969年11月で、アメリカでのリリースが1970年ということになっているのでややこしい。まぁ1960年代ということで。
作者はMitch Murrayと、Peter Callander。

Vanity Fare “Hitchin’ a Ride”

いつのライブ映像でしょうか。音源はレコードのような気もするけど…。

歌詞はコチラから。以下に日本語訳を載せています。

“Hitching a Ride” lyrics

[Verse 1]
A thumb goes up, a car goes by
It’s nearly 1 AM and here am I
Hitchin’ a ride, hitchin’ a ride
Gotta get me home by the mornin’ light
親指を立てても、クルマは通り過ぎる
午前一時をまわっても、僕は立ったまま
誰か乗せてってくれないか
朝が来る前に帰んなきゃ

[Verse 2]
I’ve got no fare to ride a train
I’m nearly drownin’ in the pourin’ rain
Hitchin’ a ride, hitchin’ a ride
Gotta get me home to my baby’s side
電車賃だってないし
降りしきる雨に溺れそうさ
誰か乗せてってくれないか
僕の彼女の家まで

[Chorus]
Ride, ride, ride, hitchin’ a ride
Ride, ride, ride, hitchin’ a ride
誰か、誰か乗せてってくれないか
誰か、誰か乗せてってくれないか

[Verse 3]
Long-distance call I got today
She sounded lonely, so I’m on my way
Hitchin’ a ride, hitchin’ a ride
Gotta get me home, keep her satisfied
今日の長距離電話
寂しげな彼女の声で帰る決意をしたんだ
誰か乗せてってくれないか
家まで、彼女を安心させたいんだ

[Chorus]
Ride, ride, ride, hitchin’ a ride
Ride, ride, ride, hitchin’ a ride
誰か、誰か乗せてってくれないか
誰か、誰か乗せてってくれないか

[Verse 4]
A thumb goes up, a car goes by
Won’t somebody stop and help a guy
Hitchin’ a ride, hitchin’ a ride
Been away too long from my baby’s side
親指を立てても、クルマは通り過ぎる
けれど、僕を乗せてくれるクルマはいない
誰か、誰か乗せてってくれないか
彼女の家までは、まだ遠い

[Chorus]
Ride, ride, ride, hitchin’ a ride
Ride, ride, ride, hitchin’ a ride
誰か、誰か乗せてってくれないか
誰か、誰か乗せてってくれないか

[Outro]
Ride, ride
Ride, ride
乗せてってくれないか
乗せてってくれないか

1970年リリースのアルバム「Hitchin’ a Ride」を紹介します。


カテゴリー: 1960年代

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。