コンテンツへスキップ →

カテゴリー: 1960年代

Cathy’s Clownの歌詞と和訳

エヴァリー・ブラザースが歌う”キャシーズ・クラウン”の歌詞を和訳します。

1960年4月リリース。作詞作曲はドン・エヴァリー、フィル・エヴァリーの本人たちです。
タイトルのキャシーは、ドン・エヴァリーの高校時代に付き合っていたガールフレンドの名前だそうですが、悲しい思い出があるのでしょうか?
歌詞を読む限り、なかなかの悪女のような気がします。

Bye Bye Love“もそうですが、どことなく女々しい男性像を歌うのが得意なんでしょうか。
Everly Brothers “Cathy’s Clown”

こちらは1983年のライブ映像です。

歌詞はコチラから。以下に日本語訳を載せています。

コメントする

Please Mr. Postmanの歌詞と和訳

マーヴェレッツが歌う”プリーズ・ミスター・ポストマン”の歌詞を和訳します。

前回和訳した”The Letter“に続いて手紙つながりですね。今ならメールやSNSで繋がれるんでしょうけど、これも時代なんでしょうか。

1961年8月リリース。作詞作曲はウィリアム・ギャレット。クレジットにはジョージア・ドビンズ、フレディ・ゴーマン、ブライアン・ホーランド、ロバート・ベイトマンらの名前があります。
BeatlesやCarpentersにもカバーされている名曲ですね。
The Marvelettes “Please Mister Postman”

歌詞はコチラから。以下に日本語訳を載せています。

コメントする

The Letterの歌詞と和訳

ザ・ボックス・トップスが歌う”あの娘のレター”の歌詞を和訳します。

1967年リリース。作者はWayne Carson。
The Box Tops “The Letter”

MVでしょうか?雰囲気がThe Turtles “Happy Together”のMVに似ていますね。

こちらは2018年のライブ映像。時の流れを感じます。

歌詞はコチラから。以下に日本語訳を載せています。

1件のコメント

Spirit in the Skyの歌詞と和訳

ノーマン・グリーンバウムが歌う”スピリット・イン・ザ・スカイ”の歌詞を和訳します。

1969年12月リリース。作詞作曲はノーマン・グリーンバウム本人。
Norman Greenbaum “Spirit in the Sky”

オフィシャルのMV?この年代でPVがあるのは珍しいんでしょうか?

歌詞はコチラから。以下に日本語訳を載せています。

コメントする

Save the Last Dance for Meの歌詞と和訳

ザ・ドリフターズが歌う”ラストダンスは私に”の歌詞を和訳します。

1960年リリース。Ben E. Kingがメンバーだったザ・ドリフターズの代表曲。
作詞作曲は、ドク・ポーマスとモルト・シューマンです。
The Drifters “Save the Last Dance for Me”

歌詞はコチラから。以下に日本語訳を載せています。

コメントする

Time Of The Seasonの歌詞と和訳

ゾンビーズが歌う”ふたりのシーズン”の歌詞を和訳します。

1968年リリースのアルバム「Odessey and Oracle」に収録。作者はキーボードのRod Argent。
リリース後にバンドは解散し、翌年大ヒットとなる。
The Zombies “Time Of The Season”

動画タイトルから察すると2011年の映像でしょうか?

歌詞はコチラから。以下に日本語訳を載せています。

コメントする

Blue Velvetの歌詞と和訳

ボビー・ヴィントンが歌う”ブルー・ヴェルヴェット”の歌詞を和訳します。

ボビー・ヴィントンは、”Mr. Lonely“に続き二回目ですね。

1951年リリースのトニー・ベネットの”ブルーベルベット”がオリジナルになります。
作詞リー・モリス、作曲バーニー・ウェインです。
ボビー・ヴィントンは1963年にカバーして、Billboard Hot 100の三週連続第1位に輝きました。

タイトルのベルベットはビロード、天鵞絨(てんがじゅう)ですね。
Bobby Vinton “Blue Velvet”

若い頃と、後期の動画がミックスになっていますね。

歌詞はコチラから。以下に日本語訳を載せています。

コメントする