コンテンツへスキップ →

San Franciscoの歌詞と和訳

スコット・マッケンジーが歌う”花のサンフランシスコ”の歌詞を和訳します。

1967年にScott McKenzieがリリース。
作詞作曲はThe Mamas & The PapasのJohn Phillips。これはMonterey Pop Festivalのためにつくられた楽曲です。
Monterey Pop Festivalとは、1967年6月16日から三日間行われた野外フェスのこと。

Scott McKenzie “San Francisco (Be Sure to Wear Flowers in Your Hair)”

ヒッピーとラブ&ピースな雰囲気。素敵なライブ映像ですね。これが歌詞にも出てくるラブインなのでしょうか。

歌詞はコチラから。以下に日本語訳を載せています。

“San Francisco (Be Sure to Wear Flowers in Your Hair)” lyrics

[Verse 1]
If you’re going to San Francisco
Be sure to wear some flowers in your hair
If you’re going to San Francisco
You’re gonna meet some gentle people there
もしも、サンフランシスコに行ったら
髪に花を飾るといい
もしも、サンフランシスコに行ったら
優しい人たちに出会えるさ

[Verse 2]
For those who come to San Francisco
Summertime will be a love-in there
In the streets of San Francisco
Gentle people with flowers in their hair
サンフランシスコへやってくる人は
夏にはラブ・イン(※)がある
サンフランシスコの街並みは
髪に花をつけた優しい人たちで溢れている

[Bridge]
All across the nation such a strange vibration
People in motion
There’s a whole generation with a new explanation
People in motion people in motion
全国で起こっている大きなうねり
皆が参加している
幅広い世代が新しい思想を共有する
皆が参加している、何かを変えようと

[Verse 3]
For those who come to San Francisco
Be sure to wear some flowers in your hair
If you come to San Francisco
Summertime will be a love-in there
サンフランシスコへやってくる人は
髪に花を飾るといい
もしも、サンフランシスコに来たら
夏にはラブ・インがある

[Outro]
If you come to San Francisco
Summertime will be a love-in there
もしも、サンフランシスコに来たら
夏にはラブ・インがある

※love-inは、ヒッピーの集会、あらゆるものを愛することをテーマにしたラブアンドピースの世界です。

1991年リリースのアルバム「San Francisco (The Very Best Of Scott McKenzie)」をご紹介。


カテゴリー: 1960年代

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。